顧問税理士とはどんなものなの?メリットは?

会社経営の強い味方である顧問税理士、しかし一体どういう役割なのかがわからない部分も多いです。そんな顧問税理士の仕事の内容や契約するメリット、どんな人が契約するべきなのかをご紹介いたします。

経営者の方々の税務をサポートする顧問税理士

税理士 顧問

個人事業主になった人はさまざまな今まで会社につとめていたときには無縁だった業務内容も行うことになり多忙です。
もちろん最初のうちはまだ会社が小さかったり、売り上げが少ないなどの理由でまだ経理がしやすい状態であるかもしれませんが、だんだん事業が軌道にのっていって売り上げが伸びていき、会社が大きくなっていくとどうしても経営の方に専念したくなります。
また経営は経理だけではなく他の業務も迫ってくるので、経営者の方は大忙し、業務がパンクしてしまうのも時間の問題です。
そんなとき税務についてのややこしい業務が加わると、経営者の方にとって大きな負担になります。
そんな時に役立つのが顧問税理士で、毎月もしくは年間契約を結ぶことにより、顧問料を支払って税務に関する専門的な指導やアドバイスを受けられる、そんな契約となっています。
税理士との顧問契約をすることで税務代行や税務書類作成、税務相談などさまざまな税金に関するアドバイスを受けられる、サポートが受けられるようになります。
また帳簿も任せることが出来たりと、経営者にとって煩雑な作業が顧問税理士の存在によって解消される、そんなメリットが起こるのです。
税務に関する書類はいずれもややこしいものが多いのに、ミスは許されないものとなっています。
そのため自分達でするよりもプロの手を借りて確実にこなすことで不備もなく、安心して税務書類を作成することができます。
とくに確定申告の青色申告は白色よりもややこしいもの、普段の帳簿が必要だったりと面倒な部分がおおいですが、それも任せられるという利点があります。
税務相談も回数は決まっていますがそれは顧問契約時に教えてもらえるものとなっています。
その回数あるいは頻度内で税についての相談ができるので、万が一の時に頼れる存在となっています。
税理士は税に関する事のプロフェッショナル、そのため税金に関する相談はしっかり受け付けてくれます。
経営が大きくなるとその都度変わる税についてのことも、ミスが無いようにしっかりサポートしてくれますので安心です。
また守秘義務が徹底されていますので、その情報が漏洩するようなことはけしてなく、信頼関係第一に契約できるようになっています。
また顧問税理士に前述した基本業務の他にも年末調整給与調整資金調達融資の支援相続事業継承対策などさまざまなことをお願いすることもできます。
万全な節税対策もできるので、顧問弁護士との契約料はかかりますが、その分お金が浮いて、また経営に専念できるということで個人事業主にとって欠かせない存在にもなります。
普通の生活でも税理士の方と信頼関係を築いておくのは生活の知恵としておすすめされるほど、経営をするとなるとやはり税理士の方の手助けなしでは厳しい部分も出てきます。
税金に関する事柄はややこしく、全てを把握して効率的にやっていくというのは不可能、場合によっては不足していた情報のせいで税金未払いなんてことも起こります。
そうしたことが無いようにサポートしたり、また正しい税務を行うのが税理士の仕事です。
払いすぎを防ぐためのアドバイスもうけられたりと、経営者の方にとって必至の存在となっています。

顧問税理士と契約するメリットは大きい

税理士 顧問

顧問税理士はさまざまな税務に関することを代行してくれる存在、また正しい知識でアドバイスをしてくれる、経営においてのパートナーともいえる存在となっています。
そんな顧問税理士、契約にあたり報酬を支払う事にもなり、またそれはけして安い金額ではないものです。
そのため自分でやっぱり頑張った方がいいのではないか?そう考える人もいますが、経営において顧問税理士との契約は必至、そう言われる理由が納得できる程にメリットがあります。
顧問税理士についてのメリットについてご紹介いたします。
まず本業に専念できる、会社経営が軌道に乗ると、経理業務は複雑になり、時間がかかるものとなってきます。
本当は経営にあてたい時間も経理業務に時間をとられてしまい、結局したいことが全然進まない、そんなことも起こりうるものです。
また経理業務は経営において売り上げなどに直結するものではなく、ただの作業にすぎないので利益もでない時間を過ごすことになります。
その分経営に時間をまわしてより利益をあげたいところ、顧問税理士との契約はその本業の時間を大切にできる、そんな契約です。
また次に大きなメリットが節税方法です。
難しい税金、しかしからくりさえわかってしまえば思いのほか節税できる部分が見えるものです。
しかしそれがわからないのが税金、そんなときにアドバイスしてくれるのが税理士の方々です。
税理士の方々は税の仕組みを理解したプロの方々です。
そのため通常わかりにくい部分も見抜き、正しい経理業務は勿論有効な節税対策についてもサポートしてくれる、そんな頼れる味方となってくれます。
会社を安定させて成長させる、これには節税も大切なことです。余分な支出を減らすためにも顧問税理士によるアドバイスは必須となります。
また税務調査の時も安心できるのが税理士の存在、顧問税理士がいるということでミスもなく、また税務調査時の立会いも税理士に任せることができますので安心できます。
もとよりしっかり管理されている税務なので、追加で税金をとられることもなく、支出もなければストレスもなく、安心して経営に専念できます。
顧問税理士がいることでストレスも余計な税金も支払うことなく、すべてクリアに見通したまま経営に専念できるようになっています。
経営においてのベストパートナーとも言えますので、事業が成長している経営者のかたは顧問税理士との契約をおすすめいたします。

青色申告も怖くない、経営者の味方

税理士 顧問

確定申告には白色と青色の二つがあり、個人事業主にとってメリットが大きいのが青色申告です。
しかしこの青色申告は帳簿つけが必須となっており、実際その作業は骨が折れるものです。
取引先が完全に決まっている、顧客様がほぼ固定している、そんな場合はお金の流れが明白なので自分でもできるかもしれませんが、事業を拡大させたい、成長させたい場合顧客様も取引先も移り変わるもの、そのため段々と経理は複雑になっていき、この帳簿つけも難しいものになっていきます。
しかし顧問税理士との契約をしている場合はこの帳簿つけの作業も、また申告種類もすべて任せられる、そんなメリットもあります。
他にも税務はありますが税理士にとって一番の繁忙期はこの確定申告シーズン、それだけ需要があるのものなのでメインの業務といっても過言ではないのです。
顧問税理士がいるとこの確定申告、青色申告も怖くなく、ミスも一切なく任せられます。
税務に関することはミスが許されないものなので、自分でするよりもかなり安心感があるものに、また税理士は契約者様との信頼関係あってのもの、そのため情報漏洩の不安もなく、守秘義務で守られています。
税金に関することは予想以上に難解、当たり前のようにできるものではないものです。
そこをサポートしてくれるのが顧問税理士となっています。